☆彡女の子への挨拶を忘れずに

女の子は、お金をもらう立場ですが、お客さんはその女の子から極上のサービスを受ける立場なのです。
しかし女の子を人間扱いしないで良いということではないのです。あなたがどんなに人とは変わった性癖を持っていたとしても、デリヘルでしたらきっと叶えることが出来るハズです。
思わず「最高!」と叫んでしまいそうになるデリヘルで、快楽の一時をお過ごしてください。
あなたが今利用をしているそのデリヘルだけで満足のいくプレイをすることが出来ていますか?
さらに最高の快楽を求めているのでしたら、当サイトのデリヘル情報は要チェックです。
どんなことでも初対面で挨拶をしない人はいないかと思いますが、それはデリヘルでも同じことなのです。
挨拶をしない時点で、女の子は貴方のことを嫌になってしまうのは、確実なのです。
デリヘルでは部屋に女の子が来たら、まずはきちんと愛想よく、挨拶をして出迎えてあげることが大切なこととなります。
よく無愛想な表情のまま、全く喋ること無く無言で女の子を出迎える男性がいますがそれはNGです。

 



☆彡女の子への挨拶を忘れずにブログ:14-10-2018

あたしの娘は、
今バスケットボールのチームに入っています。

そのチームは、
他の町のチームとの試合で惨敗が続いていました。

その日も負け試合で、
突然、娘は「やめたい」と言い出しました。

あたしはその日の試合を見ていなかったので、
見にいった主人に経緯を聞いてみると、
娘の出番はなく、試合の後、
泣き出してしまったということでした。

コーチの考えが分からないわけではありません。
でも、それが現実なのです。

しかし
娘の気持ちを思うと、
両親としてなんと言って励ましていいのか…

「母と一緒に練習しよう…」と
娘に話しかける他ありませんでした。

その時のあたしはまだ、
どうして娘が泣いたのか、本当の理由を解っていませんでした。
努力をすれば何とかなると思っていたのです。

しばらくして、
その日の試合は勝ち、
娘もそれなりのプレーをしました。

それなのに、
娘はまた「やめたい…」と言い出したのです。

あたしは、娘が今まで語っていたことの中に
何かもっと大切なことを見落としていることに気付きました。

娘の心はさびしく、孤独だったのです。

「コーチに認めてもらえない」「チームに必要とされていない」
という思い込みがすっかり娘の自信を奪い、心とからだが頑なになり、
動けなくなっていたんです。

あたしは娘の練習に付き合いながら
「自分のドリブルをもっと信じて」
「自分のパスをもっと信じて」
「自分のシュートをもっともっと信じて」
「自分のプレーにもっと自信を持って良いのよ!」
と娘の心のネジを巻きました。

ホーム サイトマップ